ニュース

紀伊半島豪雨10年で防災訓練 三重県各地、奈良と和歌山も参加

2021/11/14 15:39
 避難所の運営訓練で、受け付けをする地元住民ら=14日午前、三重県熊野市

 避難所の運営訓練で、受け付けをする地元住民ら=14日午前、三重県熊野市

 88人の死者、行方不明者を出した紀伊半島豪雨から10年となり、三重県内各地で14日、住民らが参加して防災訓練をした。当時大きな被害があった奈良、和歌山両県も参加し、オンラインで被災状況を共有した。三重県によると、3県が協力する訓練は初めて。

 三重県は大規模な台風による風雨災害を想定し、自衛隊や県警など約2300人が参加。新型コロナウイルス対策で密集を避けるため、会場を約20カ所に分散した。

 三重県熊野市では、住民が避難所の受け付けや受け入れの流れ、新型コロナ対応といった運営方法を確認し、奈良県の給水車から水を受け取った。


この記事の写真

  •  防災訓練で奈良県の給水車から水を受け取る地元住民(右)=14日午前、三重県熊野市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 大阪の1万人第九、今年も動画 (12/5)

     年末恒例の合唱コンサート「サントリー1万人の第九」が5日、大阪市中央区の大阪城ホールで開かれた。今年で39回目だが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため昨年に続いて合唱団の参加は断念。延べ約1万35...

  • 日米の作戦指揮能力向上へ (12/5)

     陸上自衛隊と米陸軍などによる日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」の開始式が5日、兵庫県の陸自伊丹駐屯地で行われた。演習は1日から始まっており、座間(神奈川県)や相浦(長崎県)などの駐屯地でも13日...

  • 米軍F16が青森空港を離陸 (12/5)

     青森空港(青森市)に緊急着陸したままとどまっていた米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が5日午後、離陸した。F16は11月30日、飛行中に緊急事態となり、着陸前に燃料タンク2個を投棄。いず...

  • 愛子さま両陛下にあいさつ (12/5)

     天皇、皇后両陛下の長女愛子さまは5日、皇居・宮殿などで成年の行事に臨まれた。女性成年皇族の正装のドレスにティアラを着け、皇居・宮殿で両陛下にあいさつした。報道陣からお祝いの言葉を掛けられると「ありが...

  • 宮内庁の鴨場で鳥インフル (12/5)

     千葉県は5日、同県市川市の宮内庁新浜鴨場で、高病原性の疑いのある鳥インフルエンザが確認されたと発表。飼育しているアイガモとアヒル計約330羽を殺処分した。県によると、今季の農場や施設での確認は関東で...

 あなたにおすすめの記事