ニュース

米軍、民間人の犠牲隠蔽か 19年シリアで対IS作戦

2021/11/15 9:25
 2019年3月、シリア東部バグズで、ISが最後まで抵抗した野営地を歩く民兵(共同)

 2019年3月、シリア東部バグズで、ISが最後まで抵抗した野営地を歩く民兵(共同)

 【ワシントン共同】14日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米軍がシリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦末期の2019年3月に実施した空爆で、女性や子供を含む80人を殺害したと報じた。ISとの戦いで最悪の民間人犠牲の一つとなり、米軍の法務担当者が戦争犯罪の可能性があるとして調査の必要性を訴えたが、情報は最近まで隠蔽され、軍最上層部にも報告されなかったという。

 空爆があったのは、IS最後の拠点だったシリア東部バグズ。米軍の無人機がIS戦闘員を探していたところ、何の警告もなく米軍のF15戦闘機が川沿いに身を寄せ合っていた女性や子供の群衆に空爆した。


この記事の写真

  •  シリア東部バグズ

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 平和賞の女性記者を授賞式に (12/2)

     【マニラ共同】ノーベル平和賞受賞が決まったフィリピンの女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏がノルウェーの首都オスロで10日に開かれる授賞式に出席できるかどうか注目されている。レッサ氏は強権的なフィリ...

  • 人道支援必要者、30人に1人 (12/2)

     【ジュネーブ共同】国連人道問題調整室(OCHA)は2日、世界全体で人道支援を必要とする人が2022年には2億7400万人に上るとの報告を発表した。世界人口に当てはめれば30人程度に1人の割合。各地で...

  • NYで巨大Xマスツリー輝く (12/2)

     【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・マンハッタン中心部のロックフェラーセンターで1日夜、クリスマスシーズンの到来を告げる巨大ツリーの点灯式が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大のため式の見物が禁止さ...

  • ミャンマーとアフガン大使が留任 (12/2)

     【ニューヨーク共同】国連総会の信任状委員会は1日、国連大使の正統性が争われているミャンマーとアフガニスタンについて、誰を正式な大使と認めるか非公開で協議した。議長を務めたスウェーデンのエネストロム国...

  • 米最高裁、中絶の是非審理 (12/2)

     【ワシントン共同】米連邦最高裁は1日、妊娠15週より後の人工中絶を原則禁じる南部ミシシッピ州法の合憲性を巡って審理を始めた。来年6月にも判断を示す見通し。米主要メディアによると、この日の口頭弁論では...

 あなたにおすすめの記事