ニュース

ロシア、ミサイルで衛星破壊実験 破片、国際宇宙基地の近く通過

2021/11/16 11:16
 2月、記者会見する米国務省のプライス報道官=ワシントン(AP=共同)

 2月、記者会見する米国務省のプライス報道官=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は15日の声明で、ロシアがミサイルを使った人工衛星の破壊実験を同日実施したと明らかにした。米航空宇宙局(NASA)によると、衛星の破片は国際宇宙ステーション近くを通過。就寝中の飛行士を起こし、日本の実験棟「きぼう」などに通じるハッチを閉じさせた。飛行士は約2時間、接続されている宇宙船内に避難した。

 ブリンケン氏は、大量の宇宙ごみの発生を確認したとしており、ステーションの飛行士らへの脅威を高める「危険で無責任な実験だ」と非難した。

 米宇宙軍によると、ロシアは昨年4月と12月にも同様のミサイル実験を実施した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、11月の感染者は562人 (11/30)

     東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに21人報告されたと発表した。死者は60代男性1人が確認された。11月の感染者は計562人となり、月間での3桁は「第1波」後の2020年6月(994人...

  • オミクロン株、日本で初確認 (11/30)

     政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表した。感染が分かったのはアフリカ南部のナミビアから28日に成田空港に到着した30代男性。入国時の検...

  • 米大統領「パニックの必要なし」 (11/30)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は29日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株について「懸念材料だが、パニックになる必要はない」と述べ、国民に冷静な対応を呼び掛けた...

  • 医師残業、年1860時間 (11/30)

     医師の働き方改革を巡り、厚生労働省の労働政策審議会分科会は30日、勤務医の残業時間の上限を原則年960時間、地域医療を担う医療機関などで、長時間労働を避けられない場合は年1860時間とする省令案を了...

  • オミクロン株用ワクチン開発検討 (11/30)

     塩野義製薬は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対応するワクチンの開発を検討していることを明らかにした。同社は現在、自社開発の新型コロナワクチンの実用化に向け、最終段階の臨床試...

 あなたにおすすめの記事