ニュース

NY株反落、12ドル安 米金利上昇でITに売り

2021/11/16 7:03
 15日、ニューヨークの証券取引所で作業を行うトレーダー(ゲッティ=共同)

 15日、ニューヨークの証券取引所で作業を行うトレーダー(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比12・86ドル安の3万6087・45ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇を受けて、相対的に割高感が意識されたIT株に売りが出て、相場全体を押し下げた。

 ただ、ニューヨーク連銀製造業景況指数が市場の予想以上に改善したことを手掛かりに、米景気の先行きを楽観視した買いも入り、下値は限られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、7・11ポイント安の1万5853・85。

 個別銘柄では、医療保険のユナイテッドヘルス・グループや医薬品のアムジェンの下げが目立った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間 1時) (12/3)

     1時現在           1ドル=             112円96銭〜          112円97銭    前日比  +0円30銭   1ユーロ=            127円84銭...

  • NY株、反発 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比483・41ドル高の3万4505・45ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は56・59...

  • NY原油、一時62ドル台 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の2022年1月渡しが、一時1バレル=62ドル台まで下落した。約3カ月半ぶりの安値水準。 石油輸出国機構(O...

  • 産油国、増産計画を維持 (12/2)

     【ロンドン、ニューヨーク共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日に開いた閣僚級会合で、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると決めた。新型コロ...

  • 米失業保険申請22万2千件 (12/2)

     【ワシントン共同】米労働省が2日発表した11月27日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、改定後の前週と比べて2万8千件増の22万2千件と2週ぶりに増えた。比較対象の前週は19万4千件(...

 あなたにおすすめの記事