ニュース

米国で食肉高騰、便乗値上げか 輸入価格も上昇、国産と並ぶ

2021/11/16 15:02

 【ワシントン共同】米国で食肉の価格が急騰している。10月の牛肉価格は前年同月の2割増しで、豚肉や鳥肉も高い。業者の寡占によるインフレ下の便乗値上げとみて、バイデン政権は対策に着手。日本での輸入価格も国産に迫る勢いで、「大量生産で安価」な米国産のイメージは薄れつつある。

 米国ではコロナ禍からの需要急回復などで高インフレが続き、10月の消費者物価指数は前年同月比6・2%上昇。中でも食肉の伸びは著しく、牛肉は20・1%、豚肉は14・1%、鳥肉は7・5%上がった。

 輸入価格の上昇は、国内の畜産農家に有利に働く。一方で輸入に頼る外食産業の経営を圧迫しそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   2日(日本時間17時) (12/2)

    17時現在           1ドル=             113円26銭〜          113円28銭    前日比  +0円15銭   1ユーロ=            128円10銭...

  • 経済安保基金、来春運用へ (12/2)

     政府が先端技術の研究開発を支援するために設立する経済安全保障基金について、来春から運用を始めることが2日分かった。政府が研究分野や目標を設定し、中長期的に民間の開発を推進する。米中のハイテク覇権を巡...

  • 東証反落、2カ月ぶり安値 (12/2)

     2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、終値は前日比182円25銭安の2万7753円37銭と10月7日以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の流...

  • 11月の消費者心理横ばい (12/2)

     内閣府が2日発表した11月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月と同じ39・2だった。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていた一方...

  • 社名「サントリー」、13年ぶり (12/2)

     サントリーホールディングス(HD)は2日までに、新会社「サントリー」を来年7月に設立すると発表。傘下の5社を合併させる形で、国内における酒類の製造や営業を一本化。以前の「サントリー」は持ち株会社とな...

 あなたにおすすめの記事