ニュース

ロシアが衛星破壊「成功」発表 NASA、破片監視を継続

2021/11/16 22:02

 【ワシントン、モスクワ共同】ロシア国防省は16日、地球を周回する老朽化した人工衛星を破壊する実験を15日に実施し、成功したと発表した。実験で発生した破片が国際宇宙ステーション(ISS)やその他の衛星に危険を与えることはないとしている。破壊の手段など詳細は明らかにしていない。

 米航空宇宙局(NASA)は15日、ロシアが衛星をミサイルで破壊したとして、ISSに滞在する飛行士の安全のために今後も破片の監視を続けると表明。スペースシャトルの搭乗経験もあるネルソン局長は声明で「激怒している」と実験を強く批判した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内で127人感染 (11/27)

     国内で27日、新たに127人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪19人、東京16人、北海道と神奈川で各11人など。埼玉で死者1人の報告があった。 厚生労働省によると、全国の重症者は50...

  • 原発事故巡り県民説明会 (11/27)

     新潟県は27日、東京電力福島第1原発事故の検証結果に関する初めての県民説明会を柏崎市で開いた。検証は東電柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働の議論を始める前提として県が独自に進めてきた。約60人が参加し、...

  • 東京で16人感染、死者なし (11/27)

     東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに16人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は15・7人で、前週比は89・2%。入院患者のうち重症者数は前日と同じ7人。...

  • 過半数の小学生、ワクチン希望 (11/27)

     小学生の55%が新型コロナウイルスワクチンの接種を希望―。こうした傾向が、国立成育医療研究センター(東京)のアンケートで判明した。「受けたくない」との答えは38%だった。 センターの担当者は「打たな...

  • 新変異株、「オミクロン」と命名 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は26日、南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「B.1.1.529」を、現在世界で流行の主流となっているデルタ株などと並ぶ「懸念される変...

 あなたにおすすめの記事