ニュース

新米、10月の価格は13%安 コロナで需要減、下落続く

2021/11/16 18:27

 農林水産省は16日、2021年産の新米の出回りが本格化した10月の出荷業者と卸売業者の相対取引価格が、玄米60キロ当たりの全銘柄平均で前年同月より約13%安い1万3120円だったと発表した。金額ベースでは1945円の下落となる。新米の出回りが始まった9月は前年同月より約12%安い1万3255円で、2年連続の値下がりとなっていたが、さらに小幅な下落となった。

 米価は新型コロナウイルス禍による外食需要の低迷で下落傾向にある。政府は今月19日に決定する経済対策に、コメの保管経費を支援して一定期間、供給量を調整するなどの施策を盛り込み、価格下落を抑えたい考え。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、113円台前半 (12/2)

     2日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比15銭円高ドル安の1ドル=113円26〜28銭。ユーロは51銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円10〜14銭。...

  • 選手村跡地、最高倍率は111倍 (12/2)

     三井不動産などの企業グループは2日、今夏開催された東京五輪・パラリンピックの選手村だった「晴海フラッグ」(東京都中央区)の分譲マンションについて、先月供給した631戸全てに応募があったと発表した。5...

  • 経済支援クーポンは最長半年有効 (12/2)

     政府が経済対策で実施する18歳以下の子どもへの10万円相当の給付のうち、入学や新学期に合わせて来春に配る5万円分のクーポンは、有効期間が最長で半年間となる。政府が2日、公明党との会合で明らかにした。...

  • 為替相場   2日(日本時間18時) (12/2)

    18時現在           1ドル=             113円17銭〜          113円18銭    前日比  +0円24銭   1ユーロ=            128円16銭...

  • 経済安保基金、来春運用へ (12/2)

     政府が先端技術の研究開発を支援するために設立する経済安全保障基金について、来春から運用を始めることが2日分かった。政府が研究分野や目標を設定し、中長期的に民間の開発を推進する。米中のハイテク覇権を巡...

 あなたにおすすめの記事