ニュース

線虫で膵臓がん疑い調査 ベンチャー企業、来年から

2021/11/16 19:10
 膵臓がん検出のため開発された遺伝子組み換え線虫。右は普通の線虫(HIROTSUバイオサイエンス提供)

 膵臓がん検出のため開発された遺伝子組み換え線虫。右は普通の線虫(HIROTSUバイオサイエンス提供)

 がんのにおいに反応する線虫を利用して、膵臓がんの疑いがあるかどうかを調べる手法を開発し、来年から有料でサービスを始めると東京のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(広津崇亮社長)が16日、発表した。遺伝子組み換え技術を応用して、発見が難しい早期膵臓がんも検出可能としている。

 広津社長によると、膵臓がんは画像診断など、従来の手法では早期発見が難しいが、尿を調べることで早期発見につながるとしている。

 線虫はにおいに敏感で、健康な人の尿には近づかず離れるが、がん患者の尿には近づく特性が知られている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ビオンテック、変異株対応に自信 (12/4)

     【ベルリン共同】ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は3日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、比較的短期間で新変異株オミクロン株に対応した形...

  • チュニジアで新変異株 (12/4)

     【カイロ共同】チュニジアの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を初めて確認したと発表した。国営TAP通信が伝えた。感染者は、アフリカ南部の国からトルコ最大都市イスタン...

  • メキシコでも「オミクロン株」 (12/4)

     【ロサンゼルス共同】メキシコの保健当局は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人が同国で初めて確認されたと明らかにした。南アフリカ出身の男性(51)で、症状は軽いという。中南米...

  • 豪、オミクロン株が市中感染 (12/3)

     【シドニー共同】オーストラリアの主要都市シドニーの児童3人が新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株に感染していることが3日分かった。AAP通信が地元当局者の話として伝えた。3人のうち少なくとも...

  • 南アで「過去にない急増」 (12/3)

     【ナイロビ共同】南アフリカのパーヒュラ保健相は3日の電話記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」によって同国では「過去の感染の波では見られなかったペースで感染者数が急増している」と述...

 あなたにおすすめの記事