ニュース

地銀統合の支援金縮小へ、日銀 支払額、想定大幅増の見込みで

2021/11/16 20:06

 日銀は16日、経営統合や収益力強化で一定の条件を満たした地方銀行や信用金庫など地域金融機関を対象に事実上の補助金を出す支援策を縮小すると発表した。日銀の当初の想定よりも支払額が大幅に増える見込みとなったため、ルールを見直して支払いを抑制する必要があると判断した。日銀の支援金を見込んで積極的な融資を実施してきた金融機関にとっては、収入が減少する可能性がある。

 経営統合や経費削減といった条件を達成すれば、金融機関が日銀に預ける当座預金の残高に年0・1%の金利を上乗せする仕組みだが、支援金の対象となる当座預金残高を算出する際に新たな基準を設けた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日本車4社、米販売23%減 (12/2)

     【ニューヨーク共同】日本の自動車大手4社が1日発表した11月の米新車販売台数は計29万2295台と、前年同月から23・1%減った。半導体不足による新車供給の制約が続き、4社全てが前年実績を割り込んだ...

  • NY株式   1日終値     (12/2)

    <ダウ工業30種平均>      34022.04       前日比 −461.68  

  • NY株続落、461ドル安 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡...

  • 為替相場   2日(日本時間 6時) (12/2)

     6時現在           1ドル=             112円82銭〜          112円83銭    前日比  +0円59銭   1ユーロ=            127円61銭...

  • 米経済「緩やかに成長」 (12/2)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米経済が「大半の地区で小幅から緩やかなペースで成長した」との景気判断を維持し...

 あなたにおすすめの記事