ニュース

ウラン濃縮設備の部品製造を再開 イラン、8月からと報道

2021/11/17 8:06

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日、イランが8月下旬に、首都テヘラン西方カラジの核関連施設で、核兵器開発などに必要なウラン濃縮に用いられる高性能の遠心分離機の部品製造を再開したと報じた。複数の外交筋の話としている。

 欧米の外交官の間で懸念が広がっており、今月29日にウィーンで再開予定の核合意再建に向けた米イラン間接協議で、遠心分離機の部品製造は主要な議題になるとみられる。

 現時点では核兵器開発を秘密裏に進めている証拠は見つかっていない。ただ、イランはIAEAによる査察を制限しているため核開発の監視活動が滞っている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米、ワクチンの国外提供加速 (12/2)

     【ワシントン共同】米政府は2日、国内で1日に初めて確認された新型コロナウイルスの変異株オミクロン株を警戒し、新たな対策を発表した。世界規模でワクチン接種を進めなければ流行は収束しないとして、発展途上...

  • 平和賞の女性記者を授賞式に (12/2)

     【マニラ共同】ノーベル平和賞受賞が決まったフィリピンの女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏がノルウェーの首都オスロで10日に開かれる授賞式に出席できるかどうか注目されている。レッサ氏は強権的なフィリ...

  • 人道支援必要者、30人に1人 (12/2)

     【ジュネーブ共同】国連人道問題調整室(OCHA)は2日、世界全体で人道支援を必要とする人が2022年には2億7400万人に上るとの報告を発表した。世界人口に当てはめれば30人程度に1人の割合。各地で...

  • NYで巨大Xマスツリー輝く (12/2)

     【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・マンハッタン中心部のロックフェラーセンターで1日夜、クリスマスシーズンの到来を告げる巨大ツリーの点灯式が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大のため式の見物が禁止さ...

  • ミャンマーとアフガン大使が留任 (12/2)

     【ニューヨーク共同】国連総会の信任状委員会は1日、国連大使の正統性が争われているミャンマーとアフガニスタンについて、誰を正式な大使と認めるか非公開で協議した。議長を務めたスウェーデンのエネストロム国...

 あなたにおすすめの記事