ニュース

東証反落、119円安 高値警戒、利益確定の売り優勢

2021/11/17 15:49
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比119円79銭安の2万9688円33銭。前日まで4営業日連続で上昇し、心理的な節目の3万円に近づいたことから、高値を警戒した利益確定の売り注文が出た。

 東証株価指数(TOPIX)は12・49ポイント安の2038・34。出来高は約11億7300万株。

 企業の9月中間決算の発表シーズンで、好業績を見通す企業を中心に前日までは買いが入り、平均株価は上昇が続いていた。前日までの4日間で計700円ほど上げた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   2日(日本時間17時) (12/2)

    17時現在           1ドル=             113円26銭〜          113円28銭    前日比  +0円15銭   1ユーロ=            128円10銭...

  • 経済安保基金、来春運用へ (12/2)

     政府が先端技術の研究開発を支援するために設立する経済安全保障基金について、来春から運用を始めることが2日分かった。政府が研究分野や目標を設定し、中長期的に民間の開発を推進する。米中のハイテク覇権を巡...

  • 東証反落、2カ月ぶり安値 (12/2)

     2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、終値は前日比182円25銭安の2万7753円37銭と10月7日以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の流...

  • 11月の消費者心理横ばい (12/2)

     内閣府が2日発表した11月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月と同じ39・2だった。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていた一方...

  • 社名「サントリー」、13年ぶり (12/2)

     サントリーホールディングス(HD)は2日までに、新会社「サントリー」を来年7月に設立すると発表。傘下の5社を合併させる形で、国内における酒類の製造や営業を一本化。以前の「サントリー」は持ち株会社とな...

 あなたにおすすめの記事