ニュース

ホンダ、12月上旬に通常稼働へ 国内工場、部品不足が改善

2021/11/18 16:34
 ホンダのロゴマーク

 ホンダのロゴマーク

 ホンダは18日、国内工場の生産が12月上旬に通常稼働へ戻ると発表した。半導体などの部品不足で今年1月以降、減産が続いてきたが、供給元の東南アジアで新型コロナウイルス感染拡大が和らいだことを背景に調達が改善した。

 売れ筋の軽自動車「N―BOX」を手掛け、生産能力が最大の鈴鹿製作所に加え、埼玉製作所の寄居工場と狭山工場の稼働がそれぞれ正常化する。いずれの工場も11月は計画比約1割減の減産を余儀なくされていた。

 ホンダは12月中旬以降の稼働計画を今後公表する。来年1月からは増産に転じることを既に明らかにしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日本車4社、米販売23%減 (12/2)

     【ニューヨーク共同】日本の自動車大手4社が1日発表した11月の米新車販売台数は計29万2295台と、前年同月から23・1%減った。半導体不足による新車供給の制約が続き、4社全てが前年実績を割り込んだ...

  • NY株式   1日終値     (12/2)

    <ダウ工業30種平均>      34022.04       前日比 −461.68  

  • NY株続落、461ドル安 (12/2)

     【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡...

  • 為替相場   2日(日本時間 6時) (12/2)

     6時現在           1ドル=             112円82銭〜          112円83銭    前日比  +0円59銭   1ユーロ=            127円61銭...

  • 米経済「緩やかに成長」 (12/2)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米経済が「大半の地区で小幅から緩やかなペースで成長した」との景気判断を維持し...

 あなたにおすすめの記事