ニュース

東京原油が大幅続落 1カ月半ぶり安値

2021/11/18 17:22

 18日の東京商品取引所で中東産原油の先物が大幅続落し、指標価格の清算値(株価終値に相当)は1キロリットル当たり前日比1260円安の5万2760円を付け、1カ月半ぶりの安値となった。その後の夕方の夜間取引では、一時5万2200円台に下がり、今年の清算値の最高水準と比べ4500円超安くなった。

 原油市場では、米国と中国、日本の政府が協調し、それぞれ戦略石油備蓄の大量放出に踏み切って原油不足懸念を抑え込むとの予想が広がった。

 野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「原油価格の下落傾向が一段と鮮明になるのは暖房用の石油需要が減る来年2月下旬以降だろう」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • LINEペイで二重払い発生 (11/27)

     通信アプリ大手LINE(ライン)の子会社が手掛けるプリペイドカード「LINEペイカード」で、買い物をした利用者が代金を二重に支払うトラブルが発生したことが27日、分かった。被害に遭った人数や金額は明...

  • JR四国、冬のボーナス最低に (11/27)

     JR四国は27日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・21カ月分とすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルス流行の影響が長期化する中、1987年の民営化後で最低だった前年冬の1...

  • WTO閣僚会議、無期限延期 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は27日、スイス西部ジュネーブで30日から予定していた閣僚会議の無期限延期を決定したと発表した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で、同株が...

  • ナスダック 26日終値     (11/27)

    <ナスダック>          15491.66       前日比 −353.57  

  • NY円、113円半ば (11/27)

     【ニューヨーク共同】祝日明け26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、祝日前の24日と比べて1円92銭円高ドル安の1ドル=113円44〜54銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1310〜...

 あなたにおすすめの記事