ニュース

中国恒大集団、傘下企業を売却 資金調達300億円

2021/11/18 20:55

 【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は18日、傘下のインターネット関連企業、恒騰網絡集団の全株式を投資会社に売却すると発表した。売却額は約21億香港ドル(約300億円)。資金繰りに充てるとみられる。

 同社は動画配信や映画製作を手掛ける企業で、既に株式の一部を中国IT大手の騰訊控股(テンセント)に売却していた。

 恒大は米ドル建て社債の利払いを巡り、ぎりぎりのタイミングでの支払いを続けている。EV関連企業や社用ジェット、トップの許家印主席の個人資産も売却して資金調達を急いでいるが、デフォルト(債務不履行)懸念は払拭されていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • LINEペイで二重払い発生 (11/28)

     通信アプリ大手LINE(ライン)の子会社が手掛けるプリペイドカード「LINEペイカード」で、買い物をした利用者が代金を二重に支払うトラブルが約2万5千件発生したことが27日、分かった。システム障害が...

  • イニエスタ選手に注意 (11/27)

     【パリ共同】スペイン証券取引委員会は27日までに、サッカーの元スペイン代表でJリーグ神戸のアンドレス・イニエスタ選手がツイッターで大手暗号資産(仮想通貨)取引所の宣伝とみられる投稿をしたことに対し、...

  • 鹿児島空港に自動草刈り機納入 (11/27)

     ヤンマーホールディングス傘下のヤンマーアグリジャパン(大阪市)は、空港内の緑地を整備する自動草刈り機2台を鹿児島空港(鹿児島県霧島市)に納入した。作業者不足の解消に向けた国の取り組みの一環で、鹿児島...

  • JR四国、冬のボーナス最低に (11/27)

     JR四国は27日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・21カ月分とすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルス流行の影響が長期化する中、1987年の民営化後で最低だった前年冬の1...

  • WTO閣僚会議、無期限延期 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は27日、スイス西部ジュネーブで30日から予定していた閣僚会議の無期限延期を決定したと発表した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で、同株が...

 あなたにおすすめの記事