ニュース

みずほ社長、辞任不可避 金融庁、月内にも再処分

2021/11/19 1:09

 みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下のみずほ銀行でシステム障害が相次いだことを受け、坂井辰史社長の辞任が不可避となったことが18日、分かった。金融庁は月内にも、両社に行政処分である業務改善命令を追加で出す方針を固めた。9月30日に外国為替取引の処理が遅れた際に外為法に違反した疑いがあり、財務省が是正措置を命じる検討に入ったことも判明。トップの辞任で経営責任を明確化する。

 金融庁の検査は大詰めを迎えており、近日中に結果をみずほに伝える。関係者によると、金融庁はシステム自体に重大な欠陥はなく、運用が未熟だった点を問題視している。


この記事の写真

  •  みずほ銀行の支店=東京都内

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、113円前半 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比44銭円安ドル高の1ドル=113円15〜25銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1295〜1305ドル、127円83〜9...

  • 為替相場   3日(日本時間 7時) (12/3)

     7時現在           1ドル=             113円11銭〜          113円21銭    前日比  +0円15銭   1ユーロ=            127円74銭...

  • NY株反発、617ドル高 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に反発し、前日比617・75ドル高の3万4639・79ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への懸...

  • NY株式   2日終値     (12/3)

    <ダウ工業30種平均>      34639.79       前日比 +617.75  

  • NY原油反発、66ドル台 (12/3)

     【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)の2022年1月渡しが前日比0・93ドル高の1バレル=66・50ドルで取引を終えた。 朝方は、石油輸出国機構...

 あなたにおすすめの記事