ニュース

公安庁、アレフの処分請求撤回 報告書提出受け

2021/11/19 10:22

 公安調査庁は19日、オウム真理教の後継団体「アレフ」について、団体規制法に基づく公安審査委員会への再発防止処分請求を撤回した。活動状況の報告を怠ったことを請求理由としていたが、アレフが今月中旬に報告書を提出したため。

 アレフには団体規制法の「観察処分」が適用されており、構成員や資産状況などの報告が3カ月ごとに課されている。公安庁は今年5月と8月の期限に報告書を提出しなかったとして、10月25日に再発防止処分を請求。施設の使用や勧誘を6カ月間禁止するよう公安審に求めていた。

 公安庁によると、アレフの信者は今年1月末時点で約1310人。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 遭難した貨物船の17人救助 (12/2)

     パナマ船籍の貨物船「ホウエイ クリスタル」が島根県沖で遭難した事故で、第8管区海上保安本部(舞鶴)は2日、乗組員のベトナム人18人のうち17人が救助されたと発表した。17人はいずれも救命ボートで避難...

  • 低気圧が発達、北日本で大荒れ (12/2)

     発達中の低気圧の影響で、北日本では2日夕方にかけて大荒れ、東日本日本海側と北日本では大しけになるとして、気象庁は2日、暴風雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。 気象庁によると、発達中の低気圧がオ...

  • 電動キックボードに反則切符交付 (12/2)

     事故が相次ぐ電動キックボードを巡り、東京都内で信号無視や歩道通行などの違反をした運転手に対し、警視庁が交通反則切符(青切符)を交付する運用を今月内にも始めることが2日、捜査関係者への取材で分かった。...

  • 「最強」PCウイルス復活 (12/2)

     世界で猛威を振るい、最も強力なコンピューターウイルスと呼ばれた「Emotet(エモテット)」が復活したことが2日分かった。国際的な捜査でいったんは制圧されたが、作成方法や運用ノウハウを継承したハッカ...

  • 茨城、栃木で震度4 (12/2)

     2日午前1時58分ごろ、茨城、栃木両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・0と推定される。各地の震度は次の通り。...

 あなたにおすすめの記事