ニュース

認知症研究の長谷川和夫氏が死去 第一人者、早期発見の手法発表

2021/11/19 17:07
 長谷川和夫氏

 長谷川和夫氏

 認知症研究の第一人者で、自らも認知症であることを公表した認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長の長谷川和夫氏が13日、老衰のため東京都内の病院で死去した。92歳。愛知県出身。家族葬を行った。

 認知症専門医。1974年に認知症の疑いや認知機能の低下を早期発見する「長谷川式簡易知能評価スケール」を発表。その後、医療現場で広く使われている。認知症ケアでその人らしさを大切にする「パーソン・センタード・ケア」や、「痴呆」から「認知症」への名称変更を推進した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • WHO、日本の対応「理解困難」 (12/2)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株出現を受けて日本が導入した全世界を対象とする外国人入国禁止措置について「疫学的に原則...

  • ワクチン義務化検討を提案 (12/2)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は1日のブリュッセルでの記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の出現などを踏まえ「ワクチン接種の義務化について考え...

  • 渡航制限「懲罰的」と批判 (12/2)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株を理由にアフリカ南部などからの渡航を制限する国が相次いでいることについて「特定の国や地域を孤...

  • 米、オミクロン株感染初確認 (12/2)

     【ワシントン共同】米政府は1日、米国内で新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の感染者が初めて確認されたと発表した。感染者は南アフリカから11月22日に帰国し、西部カリフォルニア州で自己隔離し...

  • 外交官同乗者、1都6県に (12/1)

     新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への感染が国内で初めて確認された外交官と同じ航空機に乗り、濃厚接触者とされた70人は少なくとも1都6県にいることが1日、分かった。各自治体は警戒を強め、宿泊...

 あなたにおすすめの記事