ニュース

バルミューダ、社外取締役を処分 インサイダー取引の恐れ

2021/11/19 17:14

 家電メーカーのバルミューダは19日までに、同社株でのインサイダー取引の恐れが発覚したとして、社外取締役に対し役員報酬の全額返上などの処分を決めたと発表した。関係者によると、社外取締役は眼鏡チェーン、ジンズホールディングスの田中仁最高経営責任者。

 発表などによると、田中氏は5月13日、バルミューダが業績予想の上方修正を公表する約3時間前に同社株を購入した。14日から20日までの売買を認めた社内規定に違反していた。誤って取引したもので悪意はなかったと説明しているという。

 田中氏には5月から10月までの報酬全額を返上させ、11月から5カ月間は全額をカットする。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、113円台前半 (11/30)

     30日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台前半で取引された。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対する警戒感から一時、円高が進み、29日に続いて112円台を付けた。 午後5時...

  • 為替相場  30日(日本時間18時) (11/30)

    18時現在           1ドル=             112円87銭〜          112円88銭    前日比  +0円69銭   1ユーロ=            128円09銭...

  • 関西スーパーが高裁に抗告 (11/30)

     関西スーパーマーケットは30日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの経営統合差し止めの異議が神戸地裁で認められなかったことを不服として、大阪高裁に抗告した。統合の可否は高裁判断に委ね...

  • 来年度予算は107兆円超え (11/30)

     国の2022年度一般会計当初予算案の歳出総額が107兆円を超え、10年連続で過去最大を更新する見通しであることが30日、政府関係者への取材で分かった。安全保障の強化を打ち出した岸田文雄首相の意向を受...

  • 東証は大幅続落、2万8千円割れ (11/30)

     30日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。2万8000円の大台を割り込み、約2カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による経済活動の先行きへの警戒感が強まっ...

 あなたにおすすめの記事