ニュース

飛沫拡散予測に米スパコン特別賞 「富岳」で理研と神戸大

2021/11/19 18:28
 オンラインで記者会見する理化学研究所の坪倉誠チームリーダー=19日午後

 オンラインで記者会見する理化学研究所の坪倉誠チームリーダー=19日午後

 スーパーコンピューター「富岳」を使い、コロナ感染症対策としてせきや会話での飛沫の広がり方のシミュレーションをしている理化学研究所と神戸大の研究チームが19日、スパコン分野で権威がある米国のゴードン・ベル賞の特別賞を受賞したと発表した。

 理研の坪倉誠チームリーダーは「(スパコンが)飛沫という世の中に身近なもので社会に貢献できることを示した」と喜びを語った。研究チームは飲食店や電車内、コンサートホールなどさまざまな場所での飛沫の広がり方を分析し、感染リスクを下げる方法を提言していた。

 富岳は今月、計算速度など性能ランキング4部門で4期連続世界一となっていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • オミクロン株「多くが再感染」 (12/2)

     【ナイロビ共同】南アフリカ国立伝染病研究所の専門家は2日、同国の新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への感染者の多くは、過去に新型コロナに感染していたと説明し、「感染経験があってもオミクロン...

  • フィンランドでもオミクロン株 (12/2)

     【ロンドン共同】フィンランド保健当局は2日、スウェーデンから入国した1人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染していることを確認したと発表した。一緒に入国したグループの中にも症状を示す...

  • シンガポールで「オミクロン株」 (12/2)

     【シンガポール共同】シンガポール政府は2日、南アフリカからの渡航客2人が空港の検査で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」で陽性反応を示したと発表した。シンガポールで新変異株の感染判明は初め...

  • インドで「オミクロン株」初確認 (12/2)

     【ニューデリー共同】インド政府は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者2人を国内で初めて確認したと発表した。南部カルナタカ州で見つかったという。

  • 福島で除染土から漏水、外部流出 (12/2)

     環境省は2日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土を福島県大熊町の中間貯蔵施設に搬入した際、袋から漏れ出た放射性物質を含む恐れのある水を排水路に流すルール違反があったと発表した。川を通じて施設外に流...

 あなたにおすすめの記事