ニュース

「写真送って報酬」に注意 リードのWill誇大広告

2021/11/19 18:16

 消費者庁は19日、「身近な写真を送れば報酬が得られる」としたLead(リード、東京都渋谷区)の広告は誇大な内容だとして消費者安全法に基づき企業名を公表、注意を呼び掛けた。

 同庁財産被害対策室によると、広告はスマートフォンを使った「Will」と称する副業に関するもの。リードはプランごとに27万〜750万円の売り上げ見込みを示していたが、見込み額に相当する利益を上げた人はいなかった。

 「写真をアプリに貼り付けるだけの簡単な作業で稼げる」とうたい、申し込んだ人には7千円でテキストを購入させていたほか、20万〜150万円の「有料サポートプラン」を契約させていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 遭難した貨物船の17人救助 (12/2)

     パナマ船籍の貨物船「ホウエイ クリスタル」が島根県沖で遭難した事故で、第8管区海上保安本部(舞鶴)は2日、乗組員のベトナム人18人のうち17人が救助されたと発表した。17人はいずれも救命ボートで避難...

  • 低気圧が発達、北日本で大荒れ (12/2)

     発達中の低気圧の影響で、北日本では2日夕方にかけて大荒れ、東日本日本海側と北日本では大しけになるとして、気象庁は2日、暴風雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。 気象庁によると、発達中の低気圧がオ...

  • 電動キックボードに反則切符交付 (12/2)

     事故が相次ぐ電動キックボードを巡り、東京都内で信号無視や歩道通行などの違反をした運転手に対し、警視庁が交通反則切符(青切符)を交付する運用を今月内にも始めることが2日、捜査関係者への取材で分かった。...

  • 「最強」PCウイルス復活 (12/2)

     世界で猛威を振るい、最も強力なコンピューターウイルスと呼ばれた「Emotet(エモテット)」が復活したことが2日分かった。国際的な捜査でいったんは制圧されたが、作成方法や運用ノウハウを継承したハッカ...

  • 茨城、栃木で震度4 (12/2)

     2日午前1時58分ごろ、茨城、栃木両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・0と推定される。各地の震度は次の通り。...

 あなたにおすすめの記事