ニュース

中国恒大の危機「依然高い」 米格付け会社、住宅事業に懸念

2021/11/19 19:09
 中国恒大集団本社=9月(ロイター=共同)

 中国恒大集団本社=9月(ロイター=共同)

 【北京共同】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは19日までに、中国不動産大手、中国恒大集団がデフォルト(債務不履行)に陥る「可能性は依然として高い」とするリポートを発表した。住宅販売事業が行き詰まっているためとしている。恒大は各地で中断していた工事の再開をアピールするが、市場の懸念は続きそう。

 恒大の子会社は19日、南部の広東省広州市など15地域で、63件の住宅建築を再開したと発表。購入者に必ず住宅を引き渡し「社会的責任を果たす」とした。

 ただS&Pは、恒大が来年3月と4月に計35億ドル(約4千億円)の米ドル建て債券が償還期限を迎えると指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • LINEペイで二重払い発生 (11/28)

     通信アプリ大手LINE(ライン)の子会社が手掛けるプリペイドカード「LINEペイカード」で、買い物をした利用者が代金を二重に支払うトラブルが約2万5千件発生したことが27日、分かった。システム障害が...

  • イニエスタ選手に注意 (11/27)

     【パリ共同】スペイン証券取引委員会は27日までに、サッカーの元スペイン代表でJリーグ神戸のアンドレス・イニエスタ選手がツイッターで大手暗号資産(仮想通貨)取引所の宣伝とみられる投稿をしたことに対し、...

  • 鹿児島空港に自動草刈り機納入 (11/27)

     ヤンマーホールディングス傘下のヤンマーアグリジャパン(大阪市)は、空港内の緑地を整備する自動草刈り機2台を鹿児島空港(鹿児島県霧島市)に納入した。作業者不足の解消に向けた国の取り組みの一環で、鹿児島...

  • JR四国、冬のボーナス最低に (11/27)

     JR四国は27日までに、冬のボーナスに当たる年末手当を基準内賃金の1・21カ月分とすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルス流行の影響が長期化する中、1987年の民営化後で最低だった前年冬の1...

  • WTO閣僚会議、無期限延期 (11/27)

     【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は27日、スイス西部ジュネーブで30日から予定していた閣僚会議の無期限延期を決定したと発表した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への対応で、同株が...

 あなたにおすすめの記事