ニュース

FRB人事、週明けの発表示唆 米ホワイトハウス

2021/11/20 9:32

 【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は19日の記者会見で、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の指名人事について「大統領が決断を下し、来週早々にはもっと(詳細に)伝えられるだろう」と述べ、週明けの発表を示唆した。バイデン大統領は今週中に発表する意向を示していた。

 パウエル議長は来年2月に任期が満了する。パウエル氏の再任かブレイナード理事の昇格かに絞られているとみられる。

 これに関連し、与党民主党の上院議員2人は19日、パウエル氏が気候変動対策に消極的だとして、再任に反対する声明を発表した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   6日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円65銭...

  • 為替相場   4日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円63銭...

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

 あなたにおすすめの記事