ニュース

実習生監理団体、許可取り消しへ 名義貸し、愛知の大手

2021/11/21 2:00

 外国人技能実習生を全国の企業などに仲介している愛知県の大手監理団体が、受け入れ企業への監査をしなかったり、第三者に名義貸しして監査させたりしたとして、法務省と厚生労働省が技能実習適正化法に基づき、月内にも許可を取り消すと決めたことが20日、関係者への取材で分かった。

 団体は同県一宮市の「アジア共栄事業協同組合」。監理団体は実習先で適切に実習が行われているかどうか確認する義務がある。

 組合の仲介によって働いている実習生は今月1日時点で約3千人に上る。取り消し処分を受けた場合、実習先は原則として3カ月以内に、別の監理団体と新たに契約を結ぶ必要があるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 野宿者立ち退き命じる、大阪地裁 (12/2)

     大阪市西成区のあいりん地区にあり、2019年4月に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地で生活する野宿者ら22人に対し、土地を所有する大阪府が立ち退きを求めた訴訟で、大阪地裁は2日、府の請...

  • 伯父「両親に苦痛与えるため」 (12/2)

     兵庫県稲美町で小学生兄弟が死亡した住宅火災で、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された同居の伯父で無職松尾留与容疑者(51)が、兄弟の両親から食事や住宅内の移動、入浴など生活を制約されたと思い込み、...

  • 「ウェブ会議」で家事調停を試行 (12/2)

     最高裁は、離婚や相続など、家庭のトラブルを話し合いで解決する家事調停で、裁判所に行かなくてもパソコンなどを使って参加できる「ウェブ会議」を試行する。東京、名古屋、大阪、福岡の各家裁本庁で12月中旬以...

  • 職場の腕相撲大会で骨折は労災 (12/2)

     サクランボ収穫を間近に控えた職場の決起集会で開かれた腕相撲大会に参加し、骨折したのは業務上の負傷に当たるとして、山形県西川町の男性が療養補償などを不支給とした処分の取り消しを国に求めた訴訟の控訴審判...

  • 田中容疑者宅を3回目捜索 (12/2)

     日本大学前理事長の田中英寿容疑者(74)の所得税法違反事件で、東京地検特捜部と東京国税局は2日、日大本部(東京都千代田区)や田中容疑者の自宅(杉並区)など関係先を家宅捜索した。11月29日の田中容疑...

 あなたにおすすめの記事