ニュース

3カ国語で避難を誘導 産学連携で開発、和歌山

2021/11/22 5:32
 アイレス電子工業が和歌山大と共同で開発した、地震や津波が起きた際に3カ国語で避難を呼び掛ける装置「WASL」(同社提供)

 アイレス電子工業が和歌山大と共同で開発した、地震や津波が起きた際に3カ国語で避難を呼び掛ける装置「WASL」(同社提供)

 地震や津波が起きた際に「直ちに高台へ避難してください」といった情報を日本語だけでなく、英語と中国語で呼び掛ける装置「WASL」を和歌山県海南市の電子機器メーカー「アイレス電子工業」が和歌山大と共同で開発し、商品化にこぎ着けた。同社の担当者は「正確な情報を3カ国語で素早く届け、多くの人の命と安全を守りたい」と語る。

 準天頂衛星「みちびき」から届く災害情報を受信し「直ちに海岸から離れてください」「落ち着いて身を守ってください」と3カ国語で促す仕組み。警告音が鳴り、強い光を放って点滅する15センチ大のライトを備える。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「最強」PCウイルス復活 (12/2)

     世界で猛威を振るい、最も強力なコンピューターウイルスと呼ばれた「Emotet(エモテット)」が復活したことが2日分かった。国際的な捜査でいったんは制圧されたが、作成方法や運用ノウハウを継承したハッカ...

  • 電動キックボードに反則切符交付 (12/2)

     事故が相次ぐ電動キックボードを巡り、東京都内で信号無視や歩道通行などの違反をした運転手に対し、警視庁が交通反則切符(青切符)を交付する運用を今月内にも始めることが2日、捜査関係者への取材で分かった。...

  • 茨城、栃木で震度4 (12/2)

     2日午前1時58分ごろ、茨城、栃木両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・0と推定される。各地の震度は次の通り。...

  • 宮崎で住宅火災、2人死亡 (12/2)

     1日午後10時半ごろ、宮崎県新富町の住宅から出火、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。県警は、2人は連絡が取れない住人の80代夫婦とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。 現場...

  • 新年一般参賀、来年も中止 (12/2)

     宮内庁は2日付で、来年の新年一般参賀について、新型コロナウイルス禍を考慮し、今年に続いて2年連続で中止すると発表した。限られた場所に多くの人が密集することなどが理由で、代わりに天皇陛下による国民に向...

 あなたにおすすめの記事