ニュース

大阪の邸宅侵入、日時異なり時効 地検が起訴取り消し

2021/11/22 15:59

 大阪地検は22日、昨年10月16日付で邸宅侵入罪で在宅起訴していた被告の起訴を取り消したと発表した。取り消しの理由について「公判請求後に改めて関係各証拠を精査した結果、侵入日時が異なることが判明し、既に時効が完成していたため」としている。

 地検によると、2017年11月12日午後11時半ごろ、正当な理由がないのに大阪市内のマンションの共用部分に侵入したとして起訴されていた。

 大阪地検では13年にも、ガソリンスタンドで起きた窃盗事件を巡り「犯人でないことが判明した」として地検堺支部が男性の起訴を取り消した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 電動キックボードに反則切符交付 (12/2)

     事故が相次ぐ電動キックボードを巡り、東京都内で信号無視や歩道通行などの違反をした運転手に対し、警視庁が交通反則切符(青切符)を交付する運用を今月内にも始めることが2日、捜査関係者への取材で分かった。...

  • 「最強」PCウイルス復活 (12/2)

     世界で猛威を振るい、最も強力なコンピューターウイルスと呼ばれた「Emotet(エモテット)」が復活したことが2日分かった。国際的な捜査でいったんは制圧されたが、作成方法や運用ノウハウを継承したハッカ...

  • 茨城、栃木で震度4 (12/2)

     2日午前1時58分ごろ、茨城、栃木両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・0と推定される。各地の震度は次の通り。...

  • 宮崎で住宅火災、2人死亡 (12/2)

     1日午後10時半ごろ、宮崎県新富町の住宅から出火、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。県警は、2人は連絡が取れない住人の80代夫婦とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。 現場...

  • 新年一般参賀、来年も中止 (12/2)

     宮内庁は2日付で、来年の新年一般参賀について、新型コロナウイルス禍を考慮し、今年に続いて2年連続で中止すると発表した。限られた場所に多くの人が密集することなどが理由で、代わりに天皇陛下による国民に向...

 あなたにおすすめの記事