ニュース

自分の歯維持で割引の認知症保険 業界初、第一生命12月に発売

2021/11/22 16:47

 第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命保険(東京)は22日、自分の歯を一定数維持すれば保険料を割り引く認知症保険を開発したと発表した。自分の歯が少なくなると認知症のリスクが高まるとの研究結果に着目。12月に発売する。業界初の商品だと説明している。

 具体的には、70歳時点で永久歯が20本以上残っていれば、以降の保険料を1〜3割値引く。保険金を200万円に設定して40歳で加入した男性の場合、月額保険料は1280円だが、70歳になって割引が適用されれば898円に下がる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 中国・上海で「SAKE」をPR (12/4)

     【上海共同】中国・上海のホテルで4日、日本の酒をPRするイベント「Sake@文化祭」が開かれ、南九州3県や高知県などが出展した。日本酒のほか、焼酎やクラフトビールを含めた約200種類の銘柄が登場。来...

  • ナスダック  3日終値     (12/4)

    <ナスダック>          15085.47       前日比 −295.85  

 あなたにおすすめの記事