ニュース

東京円、114円台前半 

2021/11/22 17:58

 週明け22日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比15銭円高ドル安の1ドル=114円21〜23銭。ユーロは1円11銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円61〜65銭。

 欧州での新型コロナウイルス感染再拡大の警戒感から投資家のリスク回避姿勢が強まり、比較的安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが先行した。ただ祝日前のため午後は取引が低調になり、値動きは限られた。

 円はユーロに対して大きく値上がりした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証は大幅続落、2万8千円割れ (11/30)

     30日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。2万8000円の大台を割り込み、約2カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による経済活動の先行きへの警戒感が強まっ...

  • 為替相場  30日(日本時間16時) (11/30)

    16時現在           1ドル=             113円16銭〜          113円17銭    前日比  +0円40銭   1ユーロ=            128円13銭...

  • 東京株式 30日終値      (11/30)

    <225種>          27821円76銭      前日比 −462円16銭  <TOPIX>         1928.35        前日比 −20.13    

  • 米1ドルショップ初の値上げ (11/30)

     【ニューヨーク共同】「米国版100円ショップ」といわれる米1ドルショップ大手ダラー・ツリーが商品価格を25%引き上げ、1・25ドル(約142円)にすると発表した。原材料高などコスト増に伴う恒久的措置...

  • 経産相「国内活動、萎縮せずに」 (11/30)

     萩生田光一経済産業相は30日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現に関連し、国内のスポーツや文化イベント、修学旅行などは「冷静に、当面注視しながら萎縮しないよう...

 あなたにおすすめの記事