ニュース

福島第1原発で内部被ばく疑い 軽装備で汚染配管交換

2021/11/22 20:38

 東京電力は22日、福島第1原発で内側が汚染され、亀裂が入った配管の交換作業をした40代の男性社員2人が、鼻から微量の放射性物質を吸い込み内部被ばくした疑いがあると発表した。ルールに従い作業着に防じんマスクの軽装備だったが、東電は全面マスクと防護服を着用するよう手配するべきだったとしている。

 2人からセシウム137は検出されず、被ばくは微量とみられるが、引き続き健康への影響を調べる。

 東電によると、2人は19日午前10時すぎから約1時間半、暖房や空気を循環させる装置がある施設内で配管を交換した。作業後の検査で鼻の中に放射性物質が付いていることが確認された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 成田空港陽性者のウイルス解析中 (11/29)

     後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアから成田空港に到着した30代男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにした。 厚労省による...

  • 「気候非常事態」宣言が急増 (11/29)

     気候の危機に向き合い、温暖化対策に取り組む決意を示す「気候非常事態宣言」をした国内の自治体が少なくとも89(5都県・84市町村)あることが29日、共同通信の調査で分かった。異常気象への危機感を反映、...

  • 米コロナ専門家「接種拡大を」 (11/29)

     【ワシントン共同】米ホワイトハウスは28日、バイデン大統領がファウチ国立アレルギー感染症研究所長ら政府の新型コロナウイルス対策チームと会い、オミクロン株の状況報告を受けたと発表した。チームはワクチン...

  • G7、新変異株で緊急会合へ (11/29)

     【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)の議長を務める英政府は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応を協議する緊急の保健相会合を29日に招集すると発表した。オンライン形式...

  • オミクロン株、特性は依然不明 (11/29)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、感染力が強まっている可能性はあるものの、重症化率の高さなどの特性は「依然としてはっきりして...

 あなたにおすすめの記事