ニュース

オンライン会議、5割が導入 関西企業、コロナ禍契機に

2021/11/23 15:24

 帝国データバンク大阪支社が23日までに発表した新型コロナウイルス禍の働き方改革調査によると、オンライン会議を「コロナ禍をきっかけに導入した」と回答した関西企業は約半数の49・9%に上った。「コロナ禍前から取り組んでいた」(15・9%)、「今後取り組む予定」(8・8%)を合わせると計7割以上となり、オンライン会議が一般化しつつある実態が浮かび上がった。

 「コロナ禍をきっかけに導入した」と答えた企業は大企業が63・3%、中小企業は47・3%だった。一方で「今後取り組む予定」は大企業が2・6%だったのに対し、中小は10・0%に上った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証は大幅続落、2万8千円割れ (11/30)

     30日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。2万8000円の大台を割り込み、約2カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による経済活動の先行きへの警戒感が強まっ...

  • 為替相場  30日(日本時間16時) (11/30)

    16時現在           1ドル=             113円16銭〜          113円17銭    前日比  +0円40銭   1ユーロ=            128円13銭...

  • 東京株式 30日終値      (11/30)

    <225種>          27821円76銭      前日比 −462円16銭  <TOPIX>         1928.35        前日比 −20.13    

  • 米1ドルショップ初の値上げ (11/30)

     【ニューヨーク共同】「米国版100円ショップ」といわれる米1ドルショップ大手ダラー・ツリーが商品価格を25%引き上げ、1・25ドル(約142円)にすると発表した。原材料高などコスト増に伴う恒久的措置...

  • 経産相「国内活動、萎縮せずに」 (11/30)

     萩生田光一経済産業相は30日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現に関連し、国内のスポーツや文化イベント、修学旅行などは「冷静に、当面注視しながら萎縮しないよう...

 あなたにおすすめの記事