ニュース

コロナ医療棟、仮設を継続へ 自治体が建物の安全確認

2021/11/23 15:34
 大阪市の「大阪コロナ重症センター」

 大阪市の「大阪コロナ重症センター」

 政府は、新型コロナウイルス感染症の臨時医療棟やPCR検査場など、仮設で整備された建物を継続的に使えるようにする。災害時の仮設住宅と同じく応急で用意したため、本来は最長2年3カ月しか存続できない。感染終息の見通しが立たない中、引き続きニーズはあると判断、自治体が安全を確認すれば期間延長を認める方向で法改正の準備を進める。

 建築基準法は、災害などで必要になった「応急仮設建築物」は、建築確認や施工段階の検査、防火・避難関連の設備を省略できると規定。早く完成する利点があり、医療機関や自治体はこの仕組みに基づき、プレハブなどで療養施設などの専用棟を整備している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ジャワ島東部で噴火、14人死亡 (12/5)

     【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャワ島東部のスメル山(3676メートル)が4日午後に噴火した。国家災害対策庁によると、5日までに少なくとも14人が死亡、56人が重軽傷を負った。火砕流が広範囲に広が...

  • 全国で115人感染、死者なし (12/5)

     国内で5日、新たに115人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は群馬30人、東京20人など。群馬では、クラスター(感染者集団)が発生した太田市の工場の従業員が多くを占めた。死者の報告はなかっ...

  • ワクチン3回目、前倒しへ (12/5)

     木原誠二官房副長官は5日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種までの間隔について、地方自治体の能力を踏まえながら、前倒しを進める考えを示した。「可能なところは前倒ししていただく」と明言した。米モデ...

  • 東京で20人感染、死者なし (12/5)

     東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに20人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は16・3人に微増し、前週比は115・6%。死者は確認されなかった。前日と比べ...

  • 前沢氏のロケット、発射台に (12/5)

     【バイコヌール(カザフスタン)共同】日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)滞在を目指す前沢友作氏(46)=衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者=らが乗るソユーズロケットが5日、カザフ...

 あなたにおすすめの記事