ニュース

政府、子どもデータベース構築へ 貧困や虐待、情報一元化

2021/11/23 21:03
 データを活用した子どもの貧困・虐待対策のイメージ

 データを活用した子どもの貧困・虐待対策のイメージ

 政府が子どもの貧困、虐待を防ぐため、家庭の経済状況や子どもの学力といった幅広い情報を一元化するデータベース(DB)を構築する方針を固めたことが23日、分かった。困難を抱える子どもを早期に見つけ出し、支援につなげる狙い。月内にも関係副大臣会合を設置する。自治体の部署間での情報共有が壁となっており、データベースで扱う個人情報に関する指針も作成する。早ければ2023年度の全国展開を目指す。

 岸田政権が推進するデジタル改革の一環。デジタル庁を中心に関係省庁の副大臣らで議論を進める。

 新型コロナウイルスの影響で、子どもの貧困や虐待が深刻化しているとの指摘がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「ウェブ会議」で家事調停を試行 (12/2)

     最高裁は、離婚や相続など、家庭のトラブルを話し合いで解決する家事調停で、裁判所に行かなくてもパソコンなどを使って参加できる「ウェブ会議」を試行する。東京、名古屋、大阪、福岡の各家裁本庁で12月中旬以...

  • 野宿者立ち退き命じる、大阪地裁 (12/2)

     大阪市西成区のあいりん地区にあり、2019年4月に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地で生活する野宿者ら22人に対し、土地を所有する大阪府が立ち退きを求めた訴訟で、大阪地裁は2日、府の請...

  • 伯父「両親に苦痛与えるため」 (12/2)

     兵庫県稲美町で小学生兄弟が死亡した住宅火災で、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された同居の伯父で無職松尾留与容疑者(51)が、兄弟の両親から食事や住宅内の移動、入浴など生活を制約されたと思い込み、...

  • 職場の腕相撲大会で骨折は労災 (12/2)

     サクランボ収穫を間近に控えた職場の決起集会で開かれた腕相撲大会に参加し、骨折したのは業務上の負傷に当たるとして、山形県西川町の男性が療養補償などを不支給とした処分の取り消しを国に求めた訴訟の控訴審判...

  • 田中容疑者宅を3回目捜索 (12/2)

     日本大学前理事長の田中英寿容疑者(74)の所得税法違反事件で、東京地検特捜部と東京国税局は2日、日大本部(東京都千代田区)や田中容疑者の自宅(杉並区)など関係先を家宅捜索した。11月29日の田中容疑...

 あなたにおすすめの記事