ニュース

イラン核査察、主張は平行線か IAEA、政権幹部と会談

2021/11/23 21:09

 【テヘラン、ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のトップ、グロッシ事務局長は23日、イランの首都テヘランでエスラミ原子力庁長官と会談した。IAEAはイランが制限している核査察の実施を認めるよう求めているが、会談後の共同記者会見でグロッシ氏は「共通点を見つける協議を続けている」と述べた。両者の主張が平行線をたどった可能性がある。

 グロッシ氏は9月、エスラミ氏と会談し、イラン核関連施設に設置された監視カメラによる記録を継続させることで合意したが、映像はIAEAに提供されていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 韓国大統領選、2候補が激戦 (11/29)

     【ソウル共同】来年3月の韓国大統領選で、与党「共に民主党」の李在明候補と最大野党「国民の力」の尹錫悦候補が数ポイント差で競り合い、激戦になっていることを示す複数の世論調査結果が29日、発表された。 ...

  • 台湾の蔡総統「民主主義守る」 (11/29)

     【台北共同】台湾の蔡英文総統は29日、総統府でバルト3国のリトアニアとエストニア、ラトビアの国会議員団と会談した。双方は覇権主義を強める中国を念頭に民主主義や自由を守っていくことで一致した。中国は2...

  • 隔離なし陸路往来を再開 (11/29)

     【シンガポール共同】シンガポールとマレーシアは29日、ワクチン接種者に限定して隔離なしで陸路の往来を再開した。新型コロナウイルス感染拡大で両国は陸路の往来を物流以外では制限しており、一般向けの再開は...

  • 南ア、規制強化見送り (11/29)

     【ナイロビ共同】南アフリカのラマポーザ大統領は28日に演説し、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が国内で拡大していることを認めつつも、感染防止策の規制強化を当面見送る考えを示した。これまで...

  • モロッコ、変異株で全旅客便停止 (11/29)

     【カイロ共同】モロッコ外務省は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、全ての旅客便の到着を29日夜から2週間停止すると発表した。国営マグレブ・アラブ通信が伝えた。

 あなたにおすすめの記事