ニュース

日本は余剰分の国家備蓄を売却へ 値下がり効果は未知数か

2021/11/23 23:01
 鹿児島県の志布志国家石油備蓄基地=2019年1月18日(共同通信社ヘリから)

 鹿児島県の志布志国家石油備蓄基地=2019年1月18日(共同通信社ヘリから)

 米国の石油備蓄の協調放出方針を受け、日本は国家備蓄のうち目標日数を超える余剰分を売却して流通させる案を24日に発表する。国家備蓄は9月末時点で国内消費量の145日分あり、民間備蓄分などを含めれば計242日分を確保。政府は緊急時の供給確保に影響しないとみているが、石油製品の大幅な値下がりにつながるかどうかは未知数の面もある。

 日本はこれまで中東の政情不安や災害時に、石油会社などが持つ民間備蓄を放出してきた。価格抑制を目的として、国家備蓄の一部を売るのは初めてとなる。早急に売却手続きを進める考えだ。

 余剰分の売却は法改正をせず対応可能と判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 関西スーパーの統合認める (12/7)

     関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの経営統合を差し止めた神戸地裁の仮処分について、大阪高裁(植屋伸一裁判長)は7日、関西スーパーの抗告を認めて仮処分決定を取り消...

  • 「Gショックケータイ」が復活 (12/7)

     KDDI(au)は、衝撃に強い腕時計を連想させるデザインで、「Gショックケータイ」として親しまれた携帯電話「ジーズワン」シリーズを9年ぶりに復活させる。第3世代(3G)回線のサービスが来年3月末に終...

  • 為替相場   7日(日本時間16時) (12/7)

    16時現在           1ドル=             113円71銭〜          113円72銭    前日比  −0円57銭   1ユーロ=            128円43銭...

  • 東証大幅反発、終値528円高 (12/7)

     7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前日比528円23銭高の2万8455円60銭だった。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への警戒感がいったん和らぎ、全面高の...

  • 中国恒大、社債利払いせず (12/7)

     【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は7日、米ドル建て社債の利払い期限を迎えた。ロイター通信は複数の投資家が恒大による利払いを受けられなかったと報じた。デフォルト(債務不履行...

 あなたにおすすめの記事