ニュース

供給網や5Gで連携強化 米台経済対話、中国けん制

2021/11/23 22:51

 【台北、ワシントン共同】米政府と台湾政府は23日、2回目の経済対話をオンライン形式で開催した。昨年11月に米首都ワシントンで開催して以来で、バイデン政権発足後は初めて。両政府は半導体のサプライチェーン(供給網)構築や第5世代(5G)移動通信システムなどでの連携強化について協議したと明らかにした。

 米側はフェルナンデス国務次官(経済成長、エネルギー、環境担当)が出席。台湾への圧力を全面的に強める中国を念頭に「経済的な威圧に対抗することについても議論した」と明らかにし、中国をけん制した。中国は反発するとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米、北京五輪を外交ボイコット (12/7)

     【ワシントン共同】バイデン米政権は6日、来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックに政府代表を派遣しない「外交ボイコット」を発表した。中国当局による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害に抗議する姿勢を示す...

  • 米、首脳会談でロに警告へ (12/7)

     【ワシントン共同】米政府高官は6日、バイデン大統領が7日に予定されるロシアのプーチン大統領とのテレビ電話会談で、ウクライナを巡りロシアが軍事行動を起こせば「重大な代償を払うことになる」と直接警告する...

  • IOC、米政権を「尊重」 (12/7)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は6日、来年2月の北京冬季五輪を巡るバイデン米政権の外交ボイコット表明を受けて「政府関係者や外交官の出席は各政府の純粋な政治的決定であり、政治的に中...

  • 印ロ、基地相互利用見送り (12/7)

     【ニューデリー共同】インドのモディ首相とロシアのプーチン大統領は6日、インド・ニューデリーで会談し、軍事技術やエネルギーなど幅広い分野で協力関係を強めるとする共同声明をまとめた。外務・防衛閣僚協議(...

  • 国連、現職大使が当面留任 (12/7)

     【ニューヨーク共同】国連総会本会議は6日、国連大使の正統性が争われているミャンマーとアフガニスタンについて、誰を正式な大使と認めるかの判断を先送りするとした信任状委員会の報告書を、議場の総意により無...

 あなたにおすすめの記事