ニュース

中部電、再エネと海外に1兆円 10年間の投資計画、長期戦略に

2021/11/24 18:21
 記者会見する中部電力の林欣吾社長=24日午後、名古屋市

 記者会見する中部電力の林欣吾社長=24日午後、名古屋市

 中部電力は24日、2030年度までの10年間で、再生可能エネルギーや海外事業などに約1兆円を投資する計画を明らかにした。全体に占める再エネの電源比率も現在の約16%から30年ごろまでに20%程度に引き上げる。脱炭素社会実現のため再エネ推進を加速する。

 同日発表した長期経営戦略に盛り込んだ。太陽光や洋上風力などの再エネ開発に約4千億円、海外の再エネ企業への出資や買収などに約4千億円、高齢者の見守り事業など新規事業に約2千億円を投じる。

 林欣吾社長は「脱炭素化政策が歴史的転換点を迎えている。事業環境変化を新たなチャンスととらえ果敢にチャレンジする」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   4日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円63銭...

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 中国・上海で「SAKE」をPR (12/4)

     【上海共同】中国・上海のホテルで4日、日本の酒をPRするイベント「Sake@文化祭」が開かれ、南九州3県や高知県などが出展した。日本酒のほか、焼酎やクラフトビールを含めた約200種類の銘柄が登場。来...

 あなたにおすすめの記事