ニュース

補正で国債追加発行22・1兆円 飲食店協力金、事業者支援で拡大

2021/11/24 19:32

 政府が経済対策の裏付けとなる2021年度補正予算案で、国債を22兆1千億円追加発行する計画であることが24日、分かった。対策の事業費は計31兆6千億円。新型コロナウイルス対策に伴う飲食店への協力金や事業者支援が規模を押し上げ、一般会計の歳出総額は補正予算としては過去最大規模となる見通し。26日に閣議決定する。

 21年度の税収が従来見通しから6兆4千億円増えると見積もり、補正予算案の歳入に入れる。20年度予算の使い残し6兆1千億円も充てる方針だが、歳出の半分以上は借金で穴埋めすることになる。着実に経済を底上げする「賢い支出」が求められる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ドローンでセブン商品の配送実験 (12/2)

     セブン―イレブン・ジャパンとANAホールディングスは2日、コンビニ商品をドローンで配送する実験を東京都日の出町で始めたと発表した。周辺住民らが専用ウェブサイトから注文し、近くの公園や病院などまで届け...

  • 中京銀行、愛知銀行が統合へ (12/2)

     愛知県を地盤とする中京銀行と愛知銀行が、経営統合に向けて最終調整していることが2日、分かった。2022年にも持ち株会社を設立し、両行がその傘下に入る。数年後の合併も視野に入れている。超低金利や人口減...

  • 社名「サントリー」、13年ぶり (12/2)

     サントリーホールディングス(HD)は2日までに、新会社「サントリー」を来年7月に設立すると発表。傘下の5社を合併させる形で、国内における酒類の製造や営業を一本化。以前の「サントリー」は持ち株会社とな...

  • 群馬銀と第四北越銀が連携 (12/2)

     群馬銀行(前橋市)と第四北越銀行(新潟市)は2日、地方創生の取り組みなどで協力する連携協定を結んだと発表した。営業地域が隣接していることを生かして観光振興や再開発事業への融資で協力する。店舗の共同利...

  • 為替相場   2日(日本時間19時) (12/2)

    19時現在           1ドル=             113円15銭〜          113円16銭    前日比  +0円26銭   1ユーロ=            128円14銭...

 あなたにおすすめの記事