ニュース

コロナ病床不活用で補助金3割減 厚労省、第6波に備え対応促す

2021/11/24 19:50

 厚生労働省は24日、医療機関がコロナ感染症の患者向けに確保した病床のうち、十分に活用されていないケースでは、補助金の上限を約3割減らす方針を決めた。コロナ病床として申告しながら、実際は患者を受け入れていない「幽霊病床」が多いとの指摘があるためで、流行「第6波」に備えて対応改善を促す。来年1月から適用する。

 病床使用率に応じて補助金をカットするのは初めて。それぞれの都道府県で、病床使用率の平均の7割に満たない医療機関が対象となる。

 例えば、ある県内で全体の3カ月間のコロナ病床使用率が平均70%だったのに、その7割に当たる49%に満たなかった病院が該当する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 成田空港陽性者のウイルス解析中 (11/29)

     後藤茂之厚生労働相は29日、ナミビアから成田空港に到着した30代男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにした。 厚労省による...

  • 「気候非常事態」宣言が急増 (11/29)

     気候の危機に向き合い、温暖化対策に取り組む決意を示す「気候非常事態宣言」をした国内の自治体が少なくとも89(5都県・84市町村)あることが29日、共同通信の調査で分かった。異常気象への危機感を反映、...

  • 米コロナ専門家「接種拡大を」 (11/29)

     【ワシントン共同】米ホワイトハウスは28日、バイデン大統領がファウチ国立アレルギー感染症研究所長ら政府の新型コロナウイルス対策チームと会い、オミクロン株の状況報告を受けたと発表した。チームはワクチン...

  • G7、新変異株で緊急会合へ (11/29)

     【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)の議長を務める英政府は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応を協議する緊急の保健相会合を29日に招集すると発表した。オンライン形式...

  • オミクロン株、特性は依然不明 (11/29)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、感染力が強まっている可能性はあるものの、重症化率の高さなどの特性は「依然としてはっきりして...

 あなたにおすすめの記事