ニュース

米、中国企業などに輸出規制 軍事利用と指摘

2021/11/25 5:56

 【ワシントン共同】米商務省は24日、中国やパキスタンなどの計27の企業や団体、個人を輸出規制措置の対象に追加したと発表した。技術が中国軍の近代化などに利用されていると指摘した。規制対象への輸出には許可が必要となり、事実上の輸出禁止措置となる。

 日本にある企業1社も含まれるが、中国などに拠点を置く企業のグループ会社とみられる。対象となったパキスタン企業は、同国の核開発などに利用されているとした。

 レモンド商務長官は今回の措置が「米国の技術が中国やロシアの軍事的進歩や、パキスタンの核活動に転用されるのを防ぐ」とのコメントを出した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • マグロ15%増枠、正式決定 (12/7)

     太平洋クロマグロの資源管理を議論する国際会議は7日閉幕し、2022年から日本近海を含む中西部太平洋海域で、大型魚(30キロ以上)の漁獲枠を21年比で15%増やすことを正式決定した。今年はこれまで2回...

  • 為替相場   7日(日本時間17時) (12/7)

    17時現在           1ドル=             113円63銭〜          113円65銭    前日比  −0円49銭   1ユーロ=            128円28銭...

  • 中国恒大、事実上デフォルト状態 (12/7)

     【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は7日、米ドル建て社債の計8249万ドル(約93億円)の利払い期限を迎えた。ロイター通信は複数の投資家が利払いを受けられなかったと報じ、恒...

  • 関西スーパーの統合認める (12/7)

     関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの経営統合を差し止めた神戸地裁の仮処分について、大阪高裁(植屋伸一裁判長)は7日、関西スーパーの抗告を認めて仮処分決定を取り消...

  • 「Gショックケータイ」が復活 (12/7)

     KDDI(au)は、衝撃に強い腕時計を連想させるデザインで、「Gショックケータイ」として親しまれた携帯電話「ジーズワン」シリーズを9年ぶりに復活させる。第3世代(3G)回線のサービスが来年3月末に終...

 あなたにおすすめの記事