ニュース

米国防総省、UFO調査で新部署 安保懸念も、真剣な調査を表明

2021/11/25 19:26
 米海軍が撮影した「謎の空中現象」とされる映像の一こま(米国防総省提供)

 米海軍が撮影した「謎の空中現象」とされる映像の一こま(米国防総省提供)

 【ワシントン共同】米国防総省は23日、未確認飛行物体(UFO)などを調査する新たな部署を設置すると発表。米政府はこれまでも目撃情報の分析を進めてきたが、安全保障上の懸念もあるとして、物体の実態解明に取り組む方針。

 新たな部署は「空中物体識別グループ」(AOIMSG)で、海軍のUFOに関するタスクフォースの後継組織。国防総省だけでなく情報機関とも連携、飛行物体を検知して帰属を探り、脅威を軽減することなどが任務。

 国防総省は、物体が空域に侵入すると、飛行や作戦の安全性が懸念され「国家安保上の問題を引き起こす可能性がある」として真剣に調査する考えを表明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米ロ、ウクライナ巡り応酬 (12/3)

     【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は2日、スウェーデンのストックホルムで会談し、ロシア軍がウクライナ国境に部隊を展開している問題で応酬を繰り広げた。ブリンケン氏は...

  • ドイツのショルツ政権、8日発足 (12/3)

     【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)は2日、メルケル首相の後継となる新首相の指名選挙を8日に行う予定だと発表した。第1党の中道左派、社会民主党(SPD)など3党の党首らは既にSPDのショルツ財務相...

  • 中国とアフリカ、連携確認 (12/2)

     【北京共同】中国外務省は2日、11月に開かれた中国とアフリカ53カ国による「中国アフリカ協力フォーラム」閣僚級会議で採択された文書を公表した。国際問題や新型コロナウイルスへの対応で連携することを確認...

  • テニス彭帥さんのニュース中断 (12/2)

     【北京共同】中国で2日夜、NHK海外放送のニュース番組が中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した同国の女子テニス選手、彭帥さんの問題を伝えた際、放送が中断された。中国当局は国内で彭さんに関する...

  • 仏大統領選、出馬表明動画に規制 (12/2)

     【パリ共同】動画投稿サイト、ユーチューブは2日までに、フランスの極右評論家エリック・ゼムール氏が来年4月の同国大統領選への出馬を表明した動画について、暴力など視聴者を不快にさせる恐れのある内容が含ま...

 あなたにおすすめの記事