ニュース

東京円、115円台前半 

2021/11/25 18:10

 25日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=115円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比49銭円安ドル高の1ドル=115円38〜39銭。ユーロは21銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円40〜44銭。

 米国が早期利上げに踏み切るとの観測から、円売りドル買いが優勢だった前日の海外市場の流れを引き継いで取引が開始。その後、ドルの値上がりを受けた利益確定を目的とする円買いドル売りも入り、もみ合った。

 25日の米金融市場は感謝祭のため休場となる。市場では「米市場の休場を控えて様子見姿勢が強く、取引は低調だった」(外為ブローカー)との声があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 宇宙用の汗拭きシート開発 (12/6)

     マンダムは宇宙で使用できる汗拭きシートを開発した。清涼感が得られる成分のエタノールを含んでいないのが特長で、来年秋以降、国際宇宙ステーション(ISS)に搭載される予定。シャワーを浴びることができない...

  • 為替相場   6日(日本時間16時) (12/6)

    16時現在           1ドル=             113円10銭〜          113円11銭    前日比  +0円27銭   1ユーロ=            127円59銭...

  • 東証反落、102円安 (12/6)

     週明け6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前週末比102円20銭安の2万7927円37銭。個別銘柄の値動きのほか、新型コロナウイルス新変異株「オミクロン株」への警戒感が足か...

  • 東京株式  6日終値      (12/6)

    <225種>          27927円37銭      前日比 −102円20銭  <TOPIX>         1947.54        前日比 −10.32    

  • キリン、国際仲裁を提起 (12/6)

     キリンホールディングスは6日、ミャンマー国軍系複合企業とのビール事業の合弁解消に向け、シンガポール国際仲裁センターに仲裁を提起したと発表した。両社の主張は対立しており、キリンは合弁解消の正当性を国際...

 あなたにおすすめの記事