ニュース

ドコモ障害、26日に行政指導 総務省、再発防止策を要求

2021/11/25 19:24

 10月に大規模な通信障害を起こしたNTTドコモに対し、総務省が26日に行政指導する方針を固めたことが25日分かった。暮らしや経済活動に不可欠な社会インフラとして、全国の延べ1千万人以上の携帯電話利用者に影響を広げた点を問題視。電気通信事業法上の「重大な事故」に該当すると判断しており、再発防止策の徹底を求める。

 金子恭之総務相が26日午後の記者会見で、指導の内容を説明する。影響の拡大を防げなかったシステム上の不備や復旧作業の遅れ、混乱を招いた情報発信などについて是正を求める見通しだ。

 通信障害は10月14日に発生した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 関西スーパーの統合認める (12/7)

     関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの経営統合を差し止めた神戸地裁の仮処分について、大阪高裁(植屋伸一裁判長)は7日、関西スーパーの抗告を認めて仮処分決定を取り消...

  • 「Gショックケータイ」が復活 (12/7)

     KDDI(au)は、衝撃に強い腕時計を連想させるデザインで、「Gショックケータイ」として親しまれた携帯電話「ジーズワン」シリーズを9年ぶりに復活させる。第3世代(3G)回線のサービスが来年3月末に終...

  • 為替相場   7日(日本時間16時) (12/7)

    16時現在           1ドル=             113円71銭〜          113円72銭    前日比  −0円57銭   1ユーロ=            128円43銭...

  • 東証大幅反発、終値528円高 (12/7)

     7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前日比528円23銭高の2万8455円60銭だった。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への警戒感がいったん和らぎ、全面高の...

  • 中国恒大、社債利払いせず (12/7)

     【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は7日、米ドル建て社債の利払い期限を迎えた。ロイター通信は複数の投資家が恒大による利払いを受けられなかったと報じた。デフォルト(債務不履行...

 あなたにおすすめの記事