ニュース

東京機械、買収防衛策の発動中止 投資会社、株保有率を引き下げ

2021/11/25 20:25

 新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は25日、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルに対する買収防衛策の発動を中止すると発表した。アジア開発が約束した株式保有比率の引き下げ方針を確認し、防衛策は必要なくなったと判断した。今夏に始まった買収攻防戦は幕引きとなるが、アジア開発の大株主の立場は変わらず対立の火種は残る。

 アジア開発は来年2月末までに株式を売却し、保有比率を現状の約40%から、東京機械が求める32・72%まで引き下げるとしている。引き下げ後に株式公開買い付け(TOB)など大規模な買い付けを実施しない考えも示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   4日(日本時間 7時) (12/6)

     7時現在           1ドル=             112円80銭〜          112円83銭    前日比  +0円57銭   1ユーロ=            127円63銭...

  • 日産、レース車「Z」公開 (12/5)

     日産自動車は5日、市販車を改造したレーシングカーで競う自動車レース「スーパーGT」に2022年から参戦する「ニッサン Z GT500」を富士スピードウェイ(静岡県小山町)で公開した。ベースとなる新型...

  • 免税購入、留学生を除外へ (12/5)

     政府、与党は5日、訪日外国人向けの消費税免税制度について、外国人留学生ら長期滞在者を対象から除外する方針を固めた。これまで入国から半年間は免税による購入を認めていたが、対象者かどうかの確認作業が煩雑...

  • 航空機燃料税の軽減幅を縮小へ (12/4)

     航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が新型コロナウイルス対策として1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税額を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方...

  • 中国・上海で「SAKE」をPR (12/4)

     【上海共同】中国・上海のホテルで4日、日本の酒をPRするイベント「Sake@文化祭」が開かれ、南九州3県や高知県などが出展した。日本酒のほか、焼酎やクラフトビールを含めた約200種類の銘柄が登場。来...

 あなたにおすすめの記事