ニュース

受診控え、がん患者6万人減 20年、コロナ影響で初めて

2021/11/26 0:01
 主ながんの診断数(がん診療連携拠点病院)

 主ながんの診断数(がん診療連携拠点病院)

 国立がん研究センターは25日、全国のがん診療連携拠点病院などで2020年に新たにがんと診断された人は、19年と比べて6万人減ったと発表した。1施設当たりの減少割合は4・6%だった。増加傾向にあるがん患者数が実際に減ったとは考えにくく、新型コロナの影響で、検診や受診を控える人が増えた影響とみられる。今後、がんの発見が遅れ、進行した状態で見つかる人が増えると懸念される。

 がんの診断数が減ったのは07年の集計開始以来初めて。がん治療は早期に始めるほど生存率が上がる傾向があり、厚労省は「がん検診などの受診は、不要不急の外出に当たらない」として、受診を勧奨した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナ、血漿投与は「推奨せず」 (12/7)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、新型コロナウイルス感染症の回復者の血液成分である「血漿」を患者に投与する治療方法について「推奨しない」とする指針を公表した。臨床試験の結果、死亡率を下...

  • 真鍋さんにノーベル賞メダル授与 (12/7)

     【ワシントン共同】今年のノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎米プリンストン大上席研究員(90)に6日(日本時間7日)、米首都ワシントンの科学アカデミーでメダルと賞状が授与された。地球温暖化対策の根拠と...

  • NY市、全企業に接種義務 (12/7)

     【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市のデブラシオ市長(民主党)は6日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染拡大を阻止するために、市内の全民間企業に対し従業員へのワクチン接種を27日...

  • 「大発見」論文、来春にも (12/6)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、探査機はやぶさ2が昨年12月に地球へ持ち帰った小惑星「りゅうぐう」の岩石試料について、早ければ論文を来年春ごろに発表したいとの考えを示した。成果は小惑星研究に...

  • 国内感染60人、死亡1人 (12/6)

     国内で6日、新たに60人の新型コロナウイルス感染者が確認された。静岡8人、東京7人、山形と神奈川、大阪がそれぞれ6人など。死者は埼玉の1人だった。 厚生労働省によると、重症者は前日と同じ29人だった...

 あなたにおすすめの記事