ニュース

英追加接種、間隔3カ月に短縮 免疫不全者には4回目も

2021/11/30 5:48

 【ロンドン共同】英政府は29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種について、2回目との間隔を6カ月以上から3カ月以上に短縮すると発表した。接種対象は40歳以上から18歳以上に拡大する。既に対象となっている免疫不全者で3回目を接種済みの場合は、4回目の追加接種を促した。

 新たな変異株のオミクロン株は英国内でも同日までに計11件の感染が確認され、一部では市中感染の可能性も指摘されている。

 3回目接種の対象は、2週間前に50歳以上から40歳以上へと拡大したばかりだった。医療従事者や健康リスクの高い人は、40歳未満でも3回目接種の対象となっていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 首相、国産ワクチン「開発強化」 (1/21)

     岸田文雄首相は21日の参院本会議の代表質問で、新型コロナウイルスの国産ワクチンの開発・生産を強化する考えを示した。「産学官の実用化研究を集中的に支援し、世界トップレベルの研究開発拠点の形成、ワクチン...

  • 国家試験の受験機会確保を要請 (1/21)

     公明党の石井啓一幹事長は21日の党会合で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染急拡大を受け、今冬に実施される看護師などの国家試験でも陽性者らの受験機会を確保するよう政府に要請した。 文部...

  • まん延防止の動き、半数超に拡大 (1/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都、大阪、兵庫の関西3府県と北海道、静岡県は21日午後、政府に「まん延防止等重点措置」適用を要請する。福島、栃木、長野、島根、福岡、佐賀、大分の7県も要請準備を...

  • 行動制限再び「保育園どうなる」 (1/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「まん延防止等重点措置」が21日、首都圏、東海、九州など13都県で適用された。再び行動制限下の暮らしが始まる地域もあり、対象の各自治体では保育園の休園などを心配す...

  • ワクチン相「安全性を丁寧に」 (1/21)

     5〜11歳の子どもに接種する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが特例承認されたことを巡り、堀内詔子ワクチン接種推進担当相は21日の会見で「安全性を丁寧に説明し、希望者にはできるだけ早く接種を...

 あなたにおすすめの記事