ニュース

10月の求人倍率1・15倍 失業率2・7%に改善

2021/11/30 8:57

 厚生労働省が30日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0・01ポイント低下の1・15倍で、8月以来2カ月ぶりに悪化した。厚労省によると、新型コロナウイルスの新規感染者数が減少し、緊急事態宣言が9月いっぱいで解除されたことにより求職活動が活発化。求職者数の伸びが求人数を上回り、その分、倍率が下がった。

 総務省が同日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・1ポイント低下の2・7%で、3カ月ぶりに改善した。

 有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を表す。都道府県別では、最も高い福井県が1・80倍。最も低いのは沖縄県の0・74倍。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国家試験の受験機会確保を要請 (1/21)

     公明党の石井啓一幹事長は21日の党会合で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染急拡大を受け、今冬に実施される看護師などの国家試験でも陽性者らの受験機会を確保するよう政府に要請した。 文部...

  • まん延防止の動き、半数超に拡大 (1/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都、大阪、兵庫の関西3府県と北海道、静岡県は21日午後、政府に「まん延防止等重点措置」適用を要請する。福島、栃木、長野、島根、福岡、佐賀、大分の7県も要請準備を...

  • 行動制限再び「保育園どうなる」 (1/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「まん延防止等重点措置」が21日、首都圏、東海、九州など13都県で適用された。再び行動制限下の暮らしが始まる地域もあり、対象の各自治体では保育園の休園などを心配す...

  • ワクチン相「安全性を丁寧に」 (1/21)

     5〜11歳の子どもに接種する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが特例承認されたことを巡り、堀内詔子ワクチン接種推進担当相は21日の会見で「安全性を丁寧に説明し、希望者にはできるだけ早く接種を...

  • 5〜11歳接種、3月にも開始 (1/21)

     厚生労働省は21日、5〜11歳の子どもに接種する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを特例承認したと発表した。日本でこの年齢層への新型コロナワクチンが承認されたのは初めて。今後は同省ワクチン分...

 あなたにおすすめの記事