ニュース

心筋炎を「重大な副反応」に 厚労省、警戒度引き上げ

2021/12/3 22:59
 厚生労働省が入る中央合同庁舎=東京・霞が関

 厚生労働省が入る中央合同庁舎=東京・霞が関

 厚生労働省は3日、米ファイザーと米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種後、若い男性で通常より高い頻度で報告されている心筋炎や心膜炎の症状について、通常の注意喚起から「重大な副反応」に警戒度を引き上げ、医師らに報告を義務付けることを決めた。副反応を分析している厚労省の専門部会で了承された。

 一方で心筋炎などは新型コロナ感染の合併症として起こることもあり、その頻度はワクチン接種後よりも高いことが分かっている。そのため厚労省は「接種によるメリットの方が副反応などのデメリットよりも大きい」として引き続き接種を推奨する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米21年GDP、5・7%増 (1/28)

     【ワシントン共同】米商務省が27日発表した2021年の実質国内総生産(GDP)速報値は、新型コロナウイルス禍からの経済活動再開を反映し、前年比5・7%増だった。プラスは2年ぶりで増加幅は7・2%だっ...

  • 濃厚接触者、7日間軸に短縮調整 (1/27)

     政府が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間について、現在の10日間から7日間に短縮することを軸に調整していることが27日、関係者への取材で分かった。他に複数の案があり、最終協議の上、近く決...

  • 検査キット、有症状者を優先 (1/27)

     新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染急拡大に伴い抗原検査キットが不足している問題で後藤茂之厚生労働相は27日、有症状者に対する行政検査を担う医療機関などに優先供給する方針を明らかにした...

  • 和歌山県、まん延防止要請へ (1/27)

     和歌山県の仁坂吉伸知事は27日に記者会見し、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する方針を固めたと明らかにした。県内全域が対象になる見込み。24日の会見では「今すぐ要請する...

  • 安倍氏「2・8億枚希望あった」 (1/27)

     自民党の安倍晋三元首相は27日の安倍派会合で、約8千万枚の在庫が問題視された布製の「アベノマスク」について「廃棄するとの決定があったが、希望者を募ったところ、約2億8千万枚の希望があった。もっと早く...

 あなたにおすすめの記事