ニュース

施設待機者を一部自宅に ワクチン条件、厚労省

2021/12/4 11:47
 後藤茂之厚労相

 後藤茂之厚労相

 後藤茂之厚生労働相は3日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の水際対策強化で検疫の指定待機施設が不足する恐れがあるとして、施設待機3日間の対象国から来た一部入国者はワクチン接種済みなら自宅待機にすると明らかにした。

 厚労省によると、自宅待機に切り替えるのはオミクロン株以外の変異株流行国として指定済みの計17カ国・地域から来た入国者。待機期間は通常の入国者と同じ14日間で、後藤氏は「検査キットを渡し、電話連絡の頻度を1日2回程度に増やして健康観察をしっかりやっていく」と強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東証、午前終値は2万7377円 (1/21)

     21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、下げ幅が一時600円を超えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めへの警戒感から前日に米国株が下落したことを受け、売り注文が先...

  • コロナ肺炎にリウマチ薬 (1/21)

     厚生労働省は21日、関節リウマチなどの治療に使われる中外製薬の薬「トシリズマブ(商品名アクテムラ)」を、新型コロナウイルス感染症の治療に使うことを承認した。肺炎を起こし、酸素投与が必要な患者が対象と...

  • 首相、国産ワクチン「開発強化」 (1/21)

     岸田文雄首相は21日の参院本会議の代表質問で、新型コロナウイルスの国産ワクチンの開発・生産を強化する考えを示した。「産学官の実用化研究を集中的に支援し、世界トップレベルの研究開発拠点の形成、ワクチン...

  • 国家試験の受験機会確保を要請 (1/21)

     公明党の石井啓一幹事長は21日の党会合で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染急拡大を受け、今冬に実施される看護師などの国家試験でも陽性者らの受験機会を確保するよう政府に要請した。 文部...

  • まん延防止の動き、半数超に拡大 (1/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都、大阪、兵庫の関西3府県と北海道、静岡県は21日午後、政府に「まん延防止等重点措置」適用を要請する。福島、栃木、長野、島根、福岡、佐賀、大分の7県も要請準備を...

 あなたにおすすめの記事