ニュース

労組結成直後に准教授を雇い止め 愛知・菊武学園

2021/12/6 13:14

 名古屋経営短大と名古屋産業大(いずれも愛知県尾張旭市)を運営する「菊武学園」が、労働組合を立ち上げた40代の女性元准教授を雇い止めにしていたことが6日、関係者への取材で分かった。雇い止め通告は結成の数日後だった。元准教授は組合活動への報復で不当労働行為だとして県労働委員会に紛争調整のあっせんを申請、学園は解決金を支払った。

 元准教授は組合の委員長を務めている。学園は書記長の50代女性教授に対しても2022年度以降の契約を更新しないと通告した。

 学園の担当者は取材に「教員としての指導に不十分な点があったからで、労組結成とは関係ない」とコメントした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 医療と経済両立、本格検討 (1/18)

     政府が新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」を1都10県で適用する方向となったのを受け、各自治体は18日、対象地域の範囲や飲食店の営業時間短縮など具体的な措置内容の調整を本格化させた。感染力の...

  • ワクチンパッケージ、一時停止へ (1/18)

     政府は17日、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大を受けて、行動制限緩和に向けた「ワクチン・検査パッケージ」をいったん停止する方向で最終調整に入った。ワクチンの2回接種か、検査の陰性証明のどち...

  • プロ野球で感染相次ぐ (1/18)

     プロ野球で17日、新型コロナウイルス感染確認が相次いだ。佐賀県嬉野市内で練習をしていたソフトバンクの柳田悠岐外野手、日本ハムの清宮幸太郎内野手ら6選手が陽性判定を受け、熊本市内で練習していたソフトバ...

  • 1都10県まん延防止適用へ (1/17)

     新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」について、政府が感染拡大が続く1都10県への適用に向けて最終調整していることが分かった。政府関係者が17日、明らかにした。対象は首都圏の東京、埼玉、千葉、...

  • 首都圏1都3県、まん延防止要請 (1/17)

     東京都と埼玉、千葉、神奈川県の各知事は17日、新型コロナウイルスの「オミクロン株」による感染急拡大を受け、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を共同で要請した。行動制限の具体的な内容は今後、検討する...

 あなたにおすすめの記事