ニュース

東証反落、102円安 朝方は一時値上がり

2021/12/6 15:55

 週明け6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前週末比102円20銭安の2万7927円37銭。個別銘柄の値動きのほか、新型コロナウイルス新変異株「オミクロン株」への警戒感が足かせとなった。下げ幅は一時300円を超えたが、朝方に値上がりする場面もあった。

 東証株価指数(TOPIX)は10・32ポイント安の1947・54。出来高は約10億8600万株。

 米中対立に絡み、出資先の中国企業の経営に不透明感が出ていることから、ソフトバンクグループの株価が大幅に下落した。終値で8・2%安となり、平均株価を96円押し下げた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • カーニバル、4月に延期 (1/22)

     【サンパウロ共同】南米最大のカーニバルを例年開催するブラジル・リオデジャネイロとサンパウロの両市長は21日、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の拡大を受け、2月に予定していたカーニバルのトップ...

  • 追加接種で入院9割防止 (1/22)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)などの研究チームは21日、ファイザーやモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを追加接種した場合、オミクロン株感染者の入院を9割減らせるとの研究結果を発表...

  • 5月の福岡世界水泳、延期へ (1/22)

     5月に福岡市で開催が予定される水泳の世界選手権について、国際水泳連盟が2023年夏への延期で最終調整していることが22日、関係者への取材で分かった。オミクロン株の感染拡大による日本政府の水際対策強化...

  • 劇団四季「アラジン」公演中止 (1/22)

     劇団四季は22日、東京・電通四季劇場「海」で上演中のミュージカル「アラジン」について、俳優1人の新型コロナウイルス感染が確認されたため同日と23日の公演を中止すると公式サイトで発表した。保守点検期間...

  • 米、中国旅客機44便停止 (1/22)

     【ワシントン共同】バイデン米政権は21日、中国の航空会社の米国発中国行き44便の運航を停止すると発表した。中国の航空当局が新型コロナウイルス対策を理由に同数の米航空会社の中国便の運航差し止めを決めた...

 あなたにおすすめの記事