ニュース

ライトで照らしコロナ感染判定 ダチョウ活用、光るマスク

2021/12/8 5:26
 ブラックライトで照らすと新型コロナウイルス付着部が光るフィルター(京都府立大提供)

 ブラックライトで照らすと新型コロナウイルス付着部が光るフィルター(京都府立大提供)

 紫外線を発するブラックライトで照らすと、新型コロナウイルスの付着した箇所が光るマスクを京都府立大の塚本康浩学長(52)のチームが開発した。マスク内部に染み込ませたダチョウの「抗体」がウイルスをキャッチし、光を放つ。今後、感染の有無を判定する手段として実用化研究を進める。国の承認を得て来年にも販売したい考え。

 塚本さんによると、抗体はウイルスと結合し、毒性を発揮できないようにするタンパク質。ダチョウはさまざまな種類の抗体を作る能力が高い。塚本さんのチームは昨年、雌に不活性化したウイルスを注射し、卵からコロナに対応する抗体を大量に取り出すことに成功していた。


この記事の写真

  •  ダチョウの卵から抗体を取り出す京都府立大の塚本康浩学長=9月、京都府精華町

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 若年層「検査せず症状で診断を」 (1/21)

     政府に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の有志らが、オミクロン株の急増で医療が逼迫する恐れがあるとして「若年層の多くは感染しても症状は軽く自宅療養で軽快していることを踏まえ、検査を実施せず臨...

  • 天皇誕生日の一般参賀中止 (1/21)

     宮内庁は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月23日の天皇誕生日の一般参賀を取りやめると発表した。コロナ禍での中止は3年連続となる。21日付。 一般参賀は、天皇、皇后両陛下や成年皇族が皇居・...

  • 10道府県まん延防止要請へ (1/21)

     新型コロナウイルスの感染急増を受け、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請する自治体が20日、10道府県に拡大した。京都、大阪、兵庫の関西3府県と北海道、静岡県が21日に要請する方針。福岡、佐賀...

  • オミクロン株、重症例8分の1 (1/20)

     国立感染症研究所は20日、新型コロナウイルスの感染届け出時に、肺炎などの重い症状だった人の割合について、オミクロン株は2020年の流行の主流だったウイルスと比べておよそ8分の1だったとの分析結果をま...

  • ディズニーランドとシー入園制限 (1/20)

     オリエンタルランドは20日、運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(ともに千葉県浦安市)で、入園者数を21日からそれぞれ2万人以下に制限すると明らかにした。新型コロナウイルス流行に伴う「ま...

 あなたにおすすめの記事